手術台、担架、ストレッチャー

手術は最高の精密さと繊細さが求められます。

手術中に外科医が患者の位置や向きを変える必要性がある為、手術台は敏速かつ簡単に調節できなければいけません。

担架で患者を運ぶ際に余分な痛みを与えないよう、担架をそれぞれの病状に合わせられる事が大事です。ストレッチャーの場合、様々な高さの調節が可能でなけ ればなりません。例えば、患者を高い外科用ストレッチャーから低い医療用ベッドに移動させる時は高さ調節は必要不可欠な機能です。

機能

便利な高さ調節に加えて、スタビラス製ガススプリングは、手術台や輸送用ストレッチャーの頭部、背中そして足の角度を簡単に調節することができ、それは異なる体重を持つ様々な患者の場合でも簡単にかつ安全に調節することができます。

利点

  • 速やかに希望の調節が可能
  • 内蔵された重量補整機能
  • 電子スモッグ、火事の危険性無し
  • 確実な機械的作動システム

一目でわかる当社の解決策

  • BLOC-O-LIFT – 無段階調節用ガススプリング
  • LIFT-O-MAT – 減衰と補助力用