モーションダンパーとフラップの停止ダンパー

開閉時にフラップの動きをしっかりコントロール出来ない場合、フラップの昇降は、危険かつ快適では無いばかりか、マテリアルの破損につながります。
 
スタビラス製STAB-O-SHOCの製品ラインであるモーションダンパーとフラップ停止ダンパーはこの問題を解決します。
 
それらの減衰力を通して、フラップを持ち上げたり下げたりする際の動きをサポートし、また終点位置で停止する時、衝撃を避けることでマテリアルの摩耗を低減します。

特性/特徴

スタビラス製STAB-O-SHOC HDダンパーはコントロールされた動作を安全かつ信頼性の高い減衰を提供し、 最も価格効率に優れたタイプです。

標準的なモーションダンパーとフラップ停止ダンパーとして、シンプルなデザインが特徴で、そのため安価で容易に製造することができます。 更なる利点は、優れた品質と安全性、高性能で、また長寿命であるところです。

STAB- O-SHOC油圧モーションまたはフラップ停止ダンパーは、二つの基本的なタイプがあり、減衰力は圧縮や伸長方向のいずれかにおいて異なります。これは、 動きを一方向のみで必要な減衰力が特徴です。 バイパスの溝によって、ストロークの経路の長さに合わせて減衰力を変えることができます。

シンプルなフラップの終点停止とモーションダンパーとして、垂直に、決まった方向に取り付けるよう設計されています。ただし、追加の分割ピストンが装備されている場合は、自由に取り付けすることができます。

したがって、振動ダンパーとしても最適です。

当社のSTAB-O-SHOCダンパーの機能の概要については、選択マトリックスをご参照ください。

製品バリエーション

一般的なモーションダンパーとフラップ停止ダンパー

  • STAB-O-SHOC HD 15 – 低い減衰力のため取付方向を特定する標準的なダンパー
  • STAB-O-SHOC GD 15 – 追加の伸長力と低い減衰力のための取付方向を特定する標準的なダンパー
  • STAB-O-SHOC GD 15 SP – 両方向に力を伝達 し、取付方向を特定しない低い減衰力のためのダンパー、追加の伸長力
  • STAB-O-SHOC HD 24/29 –取付方向を特定し、高い減衰力のための標準的なダンパー
  • STAB-O-SHOC GD 24/29 – 取付方向を特定し、圧縮と張力方向に高い減衰力の為のダンパーで、分離ピストン付き 、追加の伸長力
  • STAB-O-SHOC GD 24/29 SP – 分離ピストン付きのダンパーで、両方向に力を伝達し取付方向を特定しない高い減衰力と追加の伸長力

低い減衰力での終点位置停止ダンパー

ストロークの一部は減衰力無し 伸張力付き 商品の説明
x x STAB-O-SHOC HD 15
- x STAB-O-SHOC GD15
- x STAB-O-SHOC GD15 SP
STAB-O-SHOC HD 15

軽量で小型のフラップでも危険は伴います

特に勝手に開いたり、ブレーキがかからず閉まったりした場合、最悪のケースでは、指が挟まってしまうこともあるでしょう。

これを防ぐのにスタビラス製STAB-O-SHOC HD 15があります。スムーズに動きを減衰し、小型でシンプルな設計により簡単にどんな製品にも適用することができます。

機能

標準的なSTAB-O-SHOCは、圧力無しで優先的に垂直に取り付けられる油圧ダンパーです。直接伝達力は一方方向の動きのみ可能です。

利点

  • 800 Nまでの減衰力
  • 減衰力は一方方向、特別なケースでは双方向
  • 圧力無し、伸長力無し
  • 取付方向によってピストンロッドが上向き、または下向き
  • “Plunger damper” – シンプルなデザイン

適用

  • グローブコンパートメント
  • バーキャビネット
  • キッチンキャビネット
  • 保管庫
  • フラップダンパー
STAB-O-SHOC GD15
STAB-O-SHOC GD 15は、穏やかな減衰に加えて、軽い補助力が必要な際に使用されます。

機能

この実績のあるダンパーで、内部は標準的なSTAB-O-SHOCよりも高い圧力になっています。その結果、伸長力がピストンロッドを伸長します。圧縮方向では、減衰力は伸長力と同量で増加します。

利点

  • 減衰力最大800 N
  • 一方向の減衰力、特別なケースで双方向
  • 伸長力
  • 取付方向によってピストンロッドが上向き、または下向き

適用

  • 終点位置ダンパー
  • 軽量フラップ
  • オープンカーのソフトトップ用など
  • 足で操作するパーキングブレーキ
STAB-O-SHOC GD15 SP
家具デザイナーは、自由にアイデアを考えたいため、どの位置にでも取り付けできるようなダンパーを要求します。

機能

STAB-O-SHOC GD 15 SPは GD 15と同様に、追加の伸長力を提供する高い内部圧力のもとにあります。また、分割部品は作動室と空室を分けて、両方の方向に直接伝達力を可能にします。

利点

  • 減衰力最大800 N
  • 減衰力は一方または双方向に
  • 伸長力
  • 直接伝達力
  • 特有の取付方向無し
  • 任意の方向にピストンロッドを取付

適用

  • コンソール
  • 軽量フラップ
  • 家具部品

 

高い荷重用終点位置停止モーションダンパー

ストロークの一部は減衰力無し 張力付き 商品の説明
- x STAB-O-SHOC HD24/29
- x STAB-O-SHOC GD24/29
x - STAB-O-SHOC GD24/29 SP
STAB-O-SHOC HD24/29
重いドアやフラップ、または自動車製造に関わらず、 STAB-O-SHOC HD24/29は大きな力を必要とする多くの用途に適する信頼性の高いダンパーです。

機能

この標準的な設計では、取付方向が特定しています。さまざまなピストンバリエーションは、デイグレッシブ、プログレッシブ、またはほぼ直線的な曲線に適応 させることができるため個々の用途に合わせることが可能です。また当社は、経路に合わせた減衰を持つモデルを設計することができます。

利点

  • 9000 Nまでの減衰力
  • 減衰力は当社の工場で個々の用途に合わせて 伸張方向または圧縮方向に互いに独立して設定することが可能
  • 圧力や伸長力無し
  • 取付方向によってピストンロッドが上向き、または下向き

適用

  • 洗濯機ダンパー
  • 商用車の座席
  • 換気扇フラップ
  • 垂直方向に開くドアと重いフラップ
STAB-O-SHOC GD24/29
重いフラップを動かす必要がある場合、例えば、オープンカーの屋根を開くとき等、スタビラス製STAB-O-SHOC GD24/29の補助力が役立ちます。

機能

内部の高圧力を通して、ピストンロッドが自動的に伸長されます。それ以外は、設計および減衰特性は、STAB-O-SHOC HD24の標準的なダンパーに類似しています。

利点

  • 減衰力最大9000 N
  • 減衰力は伸張方向または圧縮方向に互いに独立して設定することが可能
  • 伸長力
  • 取付方向によってピストンロッドが上向き、または下向き

適用

  • 座席用ダンパー(垂直の振動減衰)
  • ソフトトップ用ダンパー(例えば、オープンカーの屋根)
STAB-O-SHOC GD24/29 SP
STAB-O-SHOC GD24/29 SP は、分離ピストン付きガスダンパーです。その結果として、例えば自動車製造用取付部品のオーバーランブレーキダンパーとして、任意の方向に取付ることができます。

両方向に微調整がきく減衰力のおかげで、ダンパーは、商用車の揺れの振動負荷に非常に適しています。

機能

作動の方向が反転すると、その減衰力が直接スリップなしで起動します。スタビラス製の他の全てのダンパーと同様に、メンテナンスフリーで、長年に渡り問題を生じること無く確実に稼働します。

利点

  • 減衰力最大9000 N
  • 減衰力は当社の工場で個々の用途に合わせて 伸張方向または圧縮方向に互いに独立して設定することが可能
  • 伸長力
  • 直接伝達力
  • 任意の方向で取付

適用

  • オーバーランブレーキダンパー
  • 座席用ダンパー(垂直振動減衰)
  • ソフトトップダンパー(例えば、オープンカーの屋根)